未分類

便秘解消のためには水分をしっかりとるのが大事

Pocket

 

便秘解消のためにしっかりと水分をとる

 

便秘解消のために食事にも気をつけている

運動も取り入れて続けている

生活習慣も気をつけて規則正しくしている
なのになぜか便秘の症状が良くならない
それは水分が足りないからではないですか。

そんなの当然知ってるし、毎日ちゃんと水分を取っている。
でも便秘解消の助けにはなっていない

そこで「便秘と水分の関係」についてお知らせします。
まず人の体の80パーセントは水でできています。

食事てとった食べ物は、消化管を進んでいくうちに

小腸で80パーセント・大腸で残り20パーセントの水分が
吸収されます。

腸内に残っている便は、どんどん水分を吸収され
量が減ってカチカチになっていきます。

固くなり量が少なくなった便は余計に動きが悪くなり便秘になります。

そこで効果的に、水分を補給していく必要があります。
ではどのようにすればいいのか!!
水はどれくらい飲めばいいのか?

口にするもで、水分は知らないあいだに結構
取れています
今回、便秘解消のためですから。
目安としてペットボトルで、1本
1.5リットルくらいです。

起きたら、水を飲もう

朝起きたときには、喉が渇いていますよね。
ということは、体は寝ている間に汗をかいてる

案外、シッカリ乾燥しているんですよ。

この時自分で意識して水分を取らないといけません。

軽い脱水症状ににた感じになります。

体の中で水分を受け取る食物繊維を取ろう

あまりピンと来ないかもしれないですがどうして食物繊維が
とても大切かというと、先ほど説明した不溶性の食物繊維は水分の
吸収がとても良い。

そして、腸内でかさが増え腸の内側の壁を刺激しながら移動していき
便秘の解消の助けになります。
運動して汗をかこう

便秘の時の体の中は正直、不活発な状態です。
中でも腸内はスローモーションかストップ状態です。

カラダを動かすことで体の外側から胃腸特に大腸に刺激を与える
ことはとても大切です。

ウォーキングやジョギングなどで汗をかいたときは体が水分を
受け入れる状態になっているので、絶好のタイミングです。

そうでない時に水を飲もうとしてもお腹がいっぱいでなかなか
水も飲めません。

仮に飲めたとしてもオシッコでカラダの外に出てしまうので
これがホントの水の泡。(失礼しました)

終わりに

便秘の解消に絞って要点だけ書きましたが、

慢性的に便秘になる方は、とくに知らないうちに、

水不足になっている場合が多いです。

喉が渇いてドリンクをとっていても、お茶、コーヒ、お酒など
水物をとっているから大丈夫だと思っていても

逆に水分を
体から、持ち出してしまっている場合もありますので。
注意が必要です。

ちょっと意識して見てください。

-未分類