未分類

便秘にならないための食べ物の知恵

今、便秘の悩みで検索すれば即効性のある薬やサプリが調べられますが

便秘に関係が一番あるのは食べ物です。
それもいろいろなアイデアが出ているので読めば読むほど
混乱してしまいますね。
一般的な知識を知ることで便通が良くなることもあります。

裏技的なことはありませんが、体に負担のかからない方法を書いています。

便秘にならないための食べ物の知識

まずは乳酸菌

便秘が気になったら真っ先に浮かぶ食べ物といったらヨーグルト。

乳酸菌取るならこれしかないとイメージされているいるたべものです。

ヨーグルトが日本で一般に出てきたのは大阪で万国博覧会が開かれた
ころです。

それまでは、日本でほとんどヨーグルトを食べる習慣はなかったのです。

しかし、ヨーグルトが出回るまで日本で便秘が今より多かったとわけでは
ないのです。

どうしてなのかというと、乳酸菌には動物性と植物性のものがあります。

動物性乳酸菌は、ヨーグルトなどの乳製品、
植物性乳酸菌は、漬物、味噌などの発酵食品

和食でとるものの中には、みそ汁や漬け物などが日常的に添えら
毎日知らず知らずのうちに、植物性乳酸菌を取っていたのです。

そして、この植物性乳酸菌は、動物性に比べて胃液などに強く腸に
まで届き易いということがわかったのです。

乳酸菌が腸に届くということは、腸内の働きの助け便通をスムーズに
することができます。

ヨーグルトがいいとのイメージだけで、多くの量を取っていると乳脂肪も
もちろんあるので、腸に負担が掛かり便秘改善にはよくありません。

また、乳脂肪を多くの量取るとカロリーオーバーになり、肥満のもとになって
しまっては、本末転倒です。

ヨーグルトで乳酸菌をとるときは、低脂肪のものを選んで、
和食の漬け物や味噌汁などとバランスよくとりたいですね。
外せない食物繊維

便秘に関係が深い腸は大腸です。

この大腸の働きのもとになるものは何かというと
そう食物繊維なのです。

食物繊維が大腸に入ると分解されて酪酸になります。
この酪酸が大腸のエネルギーとなります。

ですから、食物繊維が少ないとエネルギーが足りず
大腸の働きに支障がでます。

しかし、食物繊維と言っても消化の悪いものを多くの量とりますと
かえって便通の妨げとなってしまうので気をつけましょう。

では、どんな食物繊維がいいか
水溶性の「ポリデキストロース」を含んだ食品や飲料をとることが
効果的です。
バナナのちから

バナナが勧められるにはわけがあります

食べやすい、おいしい栄養の面だけでない大切な要素です。

そして栄養面では食物繊維が豊富
オリゴ糖は、腸の乳酸菌の餌になる大事なもので
体が目覚めてからの食べ物に適しています。

さらに、ビタミンB2群、B6
それとベンをやわらかくする働きがあるマグネシウムも
豊富に含まれる食品やです。

バナナを美味しく食べられてしかも便秘にも効果的な食べ方は
エキストラバージンオリーブオイルをかけて食べると
美味しいがプラスされてお腹にいい影響と一石二鳥ですよね。

-未分類