未分類

歯ぎしり解消で肩こりも解消

歯ぎしり改善で肩こり解消

肩こりに悩まされていると、手当ては当然肩のマッサージや針灸
または整形外科を受診するなどが考えられます。

それでも、改善されないといろいろなクリニックや接骨院などを
探していませんか。

もしかしたら、歯ぎしりが原因かもしれません。

奥さんや同じ部屋で寝ている人から、言われてなくても

朝、目覚めても体がスッキリしない、グッスリ寝た気が
しないなどの感覚があったら、気をつけてみたほうがいいです。

歯ぎしりは、日本の成人の5~8%が睡眠時にしてるとの調査結果が
あります。このデータは、自己申告なので実際はもっと多いかも
しれません。

歯ぎしりも放置しておくと、からだのさまざまなところに悪さを
します。

長時間、歯にかなりの力がかかりますから、歯がすりへったり、
最悪、歯が折れることもあるそうです。

歯周病にもなりやすく、歯茎などが健康でもあごに直接影響します
から、噛む力が衰えたり、眼精疲労・肩こりなどを併発するときも
あります。

原因ですが、以前は、噛み合わせの問題ととらえられていましたが

今は、神経の活動が原因など、多岐にわたり、飲酒や喫煙なども
あげられています。

治療については、マウスピースを就寝中につけて歯やあごの負担を
軽くする方法がありますが、

マウスピースを睡眠中に、無意識に外してしまうなどなかなか
上手くいかないようです。

そんな中、長年マウスピースによる治療で効果が出ない患者さんに
器具などを使わない方法が考えられました。

「トリガーポイント療法です」

聞きなれないことばですが、トリガーとは引き金のことです。
つまり、老廃物のしこりを刺激してカラダのバランスを戻す方法です。

具体的に言うと、カラダの内部は、筋膜でおおわれています。
この筋膜、内蔵だけでなく筋肉や骨、脳や神経までも包んでいます。

筋膜のおかげ内臓や筋肉は適正なところにおさまっています。

しかし、長年の片寄った姿勢などで、筋膜がねじれたりして、
神経やリンパなどを刺激して、しびれや痛みを起こすと言われています。

この、片寄ったところを刺激して、本来の状態に戻してあげる方法です。

最近は、筋膜マッサージのほうが知られるようになってきましたが、
トリガーポイントもこの範囲の方法です。

最後に、マッサージを受ける時も「筋膜」「トリガーポイント」を
キーワードに。

歯ぎしりが原因の肩こりが改善すれば、睡眠の質が上がります。

また、同じ部屋で寝ている人のストレスも減り、周りも快適にします。

-未分類