未分類

花粉症は春・秋にもあるのを知っていますか?

ドライアイでさらに花粉症の悩み

ドライアイだけでも大変なのに、春と秋の花粉のシーズンが
とても辛い
花粉症であるけれど、その季節だけ我慢して過ごしてきた。

今年こそ、早めに手を打とう

と思っている方多いと思います。そういう自分もそうです。

花粉症の症状で、目、喉のかゆみ、鼻水、鼻ずまり、からだ全体
だるさ。

すべての症状が出るのですが、わたしは、特に目のかゆみと
充血はひどいです。
一年を通じて、目がかゆく、目の赤さは日常です。
それに花粉症が加わって、止めをさされるようです。
花粉の中心である「杉花粉」が年を追うごとにテレビ・ラジオ
のニュースで、花粉の量や花粉自体が強くなっているというのです
からたまりません。

どうして、花粉の量が増えているのかというと、地球の温暖化で
花粉の浮遊機関が長くなっているとのこと。

また、悪の原因の花粉ですが、必ずしも花粉自身によって起こっている
とばかりは言えないそうです。

じゃあ、何が原因なんだ

花粉のシーズンは、おもに春と秋

この季節の風物詩といえば、風です。
それも風上は、言わずと知れた中国です。それが、偏西風に乗って中国の
黄砂、石炭産業のPM2.5とともに東日本の東京などに運ばれてきます。

ミクロサイズのよごれが花粉について空気中に浮遊して人の体に付着して
花粉症を引き起こしているのですね。

このような外的要因をコントロールするのは、難しいので。
個人レベルで身を守っていかなければいけないですね、

花粉の場合、特に目と鼻一切使わない日を作るわけには行きませ。

ゴーグルやマスクでカラダの中には入れないように守ることは、
当然ですが、

カラダの内側からも花粉をブロックしたり、入っても何も不都合が
無いようにしなければなりません。
市販薬の場合、「アレグラ」の評判が良いです。経済的にも一押し
それでも効かないようでしたら。

「アレジオン20」に変えるのが良いそうです。
特長は、お医者さんで処方されるお薬と同等のくすりが手に入る

抗ヒスタミンで眠くなりにくい。そして、口も渇きにくい。

などです、一年を通してアレルギー性鼻炎の症状に有効です。

自分も飲んでいます。少しでも花粉症の症状を軽くしましょう。

-未分類