健康

レジオネラ菌の症状を知って子供を守ろう!

忘れた頃によくレジオネラ菌によって、お年寄りや子供が被害を受けたというニュースを
聞きますが。

心配ですが案外スルーしてしまいます。でも少しの知識で怖がらずに冷静に行動できます。

レジオネラ菌は、ウイルスよりは大きいですが人間の目には見えないです、人間の目に見えるもので、対策を打ちましょう。

 

 

スポンサーリンク

 レジオネラ菌とは

レジオネラ菌が原因で、重病になるなどのニュースが伝えられるともうどうしていいのかわからなくなってしましますよね。

この聞きなれない「レジオネラ菌」どんな菌なのかどんなに恐ろしい菌なのかと思ってしまい
ますが、

特別な細菌ではなく、私たちの日常生活のなかにもあります。

おもに自然界の河川、沼などに生息しています。

でもニュースなどで自宅の浴室でレジオネラ菌に感染してしまったなど聞くと、どうやって
家庭内に侵入してしまったのか?

水道水の中には殺菌されているので、レジオネラ菌がいても数がとても少ないので

その程度では、レジオネラ菌による症状は出ません。

家庭内で、気をつけたい場所はもちろん水回りです。

浴室内、シャワーヘッドなど、蛇口

水道水は、安全基準を満たしていますが、何度もお湯を沸かし直すと殺菌のための

薬品がきれて数が増えることもあります。

 レジオネラ菌の症状とは

どのようにレジオネラ菌が体にはいるかというと、菌を含んだ水をそのまま体に触れても
感染しません。人から人へも感染んしません。

レジオネラ菌を多く含んだ水を霧状になり肺に深く吸い込むのが危険です。

家庭内では、シャワーや音波で霧状にする加湿器は注意です。

レジオネラ肺炎の潜伏期間は2~10日です。

全身倦怠感、頭痛、筋肉痛などの症状に始まり、乾いた咳、痰、高熱、悪寒、胸痛が
あらわれます。

腹痛や下痢等の消化器症状や、傾眠、四肢の振せんなどの中枢神経系の症状がみられるのも
特徴です。有効な抗菌薬治療がなされないと、致死率は60~70%に増加しますが、適切な治療がされれば致死率は7%程度になります。

 ポンティアック熱の潜伏期間は1~2日です。

発熱を主症状とし、全身倦怠感、悪寒、頭痛、筋肉痛などを伴いますが、肺炎症状はみられません。2~5日程度で自然治癒します。

(東京都HPより)

 レジオネラ菌の予防と対策

家庭内でのレジオネラ菌の予防は、水回り特に水を霧状にして使うところは、水をマメに
交換する。

清潔にする 当たり前ですが、結構水回りは面倒ですが、対策をしては有効です。

まとめ

レジオネラ菌は水を媒介して生きていますが、人間に悪さをするのを防ぐのには
有効な手段があるのですから。

レジオネラ症の被害を被るということは人災です。

あと、外からの病気は自分自身の体調を整えるなど基本です。

しかし、お年寄りや乳幼児は抵抗力が低い方のために器具の安全性を高めたり
器具の清潔を徹底するしかないですね、、、、、

読んでいただいてありがとうございます。この症状にピンをきたら。

早急にお医者さんにかかってください。

スポンサーリンク

 

-健康
-