健康

夏バテ症状のチェックポイント

Pocket

 

 

ゴールデンウィークが終わると徐々に気温が25度以上の夏日が

増えてきます。

夏は暑いのが特徴ですが、寝ぐるしい夜が続くのもまた事実です。

 

体調不良の代名詞の夏バテ、春・秋・冬にはバテがないようですが

そんな一年間で一番厳しい季節に「夏バテ」しないで過ごしたい

ですが、代表的な症状を知っていて、侮れない体調不良であることを

知っているとが大切です。よ

 

 

スポンサーリンク

夏バテは病気です

暑い日が続いて体調が悪いと、何気なく「夏バテかな?」って言うので

大したこと事ないように感じますが、頭痛やめまいがしてきて

ひどくなっていくと吐き気までしてきます。

 

喉が痛いとか、熱が出ないから放っておいても大丈夫なんて・・・

頭痛やめまいがしたら要注意ですよ。

 

 

普段の頭痛との違い

一般的な頭痛は、ウイルスの侵入によりのどの痛みや腹痛などを

引き起こします。

この場合、からだの抵抗力を高めウイルスをやっつければ

症状は緩和して、体調も回復します。

しかし、夏バテからくる頭痛の場合は体の調子をコントロール

している自律神経の具合が悪くなっているので市販されている

薬を飲めばオッケーという訳でないので、タチが悪いです。

夏バテの症状

体調がおかしいの言うのは、自分で意識していなくてもカラダを

整えてくれる働きをしているのが自律神経です。

 

夏バテの始まりの症状は、汗が大量に出てなかなか汗が止まらない。

それは体が熱くなってそれを冷やすためです。

 

わたしも、体にコールドスプレーをかけても汗が引かないことがあり

救急車を呼ぶ一歩手前まで行ったことがあったので、人ごとでは

ないです。

脱線してしまいますがこれは熱中症の軽い症状だったのですが

急に気持ち悪くなって吐き気がしてきたのを覚えています。

 

これは極端ですが、自律神経って自律ってくらいですから

くるってくると、自分の体なのに自分でコントロールできなく

なります。

 

夏バテの対処法

夏バテの原因が自律神経の不調だと言われて、じゃあどうすれは

それは、よく寝てバランスのいい食事をするのがいい。

 

これができないから夏バテなんですよね。

なんといっても、食欲がない、眠れないだから体がいつも疲れる。

 

夏バテ対策で、私が一番よかったのはお風呂につかることです。

暑いのでシャワーですましてしまいますが。

自分にとってぬるめのお湯に入ってじっくり汗をかく、

もちろん、水分補給は必ずしてくださいね。塩分も

 

寝るときは直接風が当たらないようにして

部屋の温度も25度位に調節するようにしたいですね、

 

それでも、夜眠れない体の調子がなかなか戻らない

状態になってしまったら、お医者さんに相談したほうが

いいです。

まとめ

夏はアクティブな季節で出かける機会も多いですが、

体にはとてもきつい時期でもありますね。

 

そんなとき、夏バテで部屋から空を眺めているのは

気が滅入ってしまいます。

今回、夏バテの一つの解消法を書かせていただきましたが

夏バテ対策にも準備が必要で、生活のリズムと食事は特に

夏に向かっている時にもからだの調子を整えて、

 

冬以上に厳しい季節に備えることも大切です。

 

 

スポンサーリンク

 

-健康
-,